埼玉県坂戸市の鍼灸院|自律神経失調症・頭痛・めまい・更年期・不眠・首の痛み・頚肩腕症候群・胃の不調
シゲ鍼灸治療院トップ

頭痛の症例

※頭痛の症例の一部をご紹介しています。

 

症例5

患者

40代後半 女性 事務職

症状

事務職という事もあり、普段から首や肩への負担は強かった。書き物を長時間したことと重い物を持ったまま歩いたことで発症。

 

来院1カ月前に右の首から肩にかけて痛みが出て、肩から手の方までしびれと痛みがあった。

症状悪化に伴い頭痛と吐き気もあり、日常生活に支障をきたしている。

もみほぐしのマッサージに行ったりしたが改善せず鍼治療に挑戦することにした。

首の痛み症例5

同時に治療した症状

聴覚過敏

疲れが強くなってくると感じる。

所見

頭痛ポイント、耳ポイントに圧痛・硬結。

首の右側に強い緊張。しびれもあることから右頚椎症の疑いを頭においておく。

右C2、右僧帽筋に強い圧痛。

 

両肩とも巻き肩気味だが、右の方が強く巻いている。右肩動かしづらさ有。

施術

原因となっている背骨の固さを調整後、右首の緊張・頭痛ポイント・耳ポイントに針

経過

3診目

耳ポイントと頭痛ポイントの固さはとれ、それに伴って頭痛と聴覚過敏の症状もとれた。

右首の緊張は回数を重ねるごとに和らいでいった。右腕のしびれは首からきているので首の緊張が緩むとなくなった。しびれの症状はなくなったが緊張は半分ほどしか取れていないので、10診を目安に施術した。

 

10診目

首の緊張もほぼとれた。右肩の動きの悪さはだいぶ良くなったが多少残る。

巻き肩改善体操をすれば時間とともに解決すると考えられるので治療を終了した。

 

※この症例は首の痛みの症例5と同じです。

 

 

症例4

患者

女性30代後半 営業

症状

2~3年位前から頭痛がひどく寝れない時がある。

右の首から肩にかけての痛み

頭痛の症例4

来院前

痛くなると薬を飲んでいたが、だんだん薬を飲んでも効果を感じなれなくなってきた。

所見

右首から右肩の筋肉の緊張が強い。

これが原因で頭痛が起きていると考えた。

施術

DRT療法(ゆらゆら背骨調整)

右の頭痛ポイントに針

施術回数

10回

経過

初回の施術後の2日後から痛みが激減したとのことだった。

当院の施術は身体の回復反応を使っているのでとても良い経過である。

悪い姿勢が習慣化されているので時間が空くと戻ってきてしまうため、週に2~1回のペースで来院。

10回でほとんど生活に支障をきたさない状態に回復したため、終了とした。

考察

DRT療法(ゆらゆら背骨調整)と4~5本の少ない鍼数で頭痛が改善していった症例。

頭痛でも軽症のものなら改善までのスピードが早い。

 

症例3

患者

女性40代後半  事務

症状

1年位前から

毎日の頭痛

めまい(上を向くと気持ち悪い)

週に1~2回程度左腕の重い感じ

首・肩・背中・腰の痛み

頭痛症例3

来院前

接骨院に一年以上通ったが改善せず。

神経内科にもいった。

日常の問題

いつも横向きにならないといけず、家事などに支障をきたす。

いっきに物ができない。

所見

首が非常に悪く、腕の重さ、めまい、頭痛はすべて首が原因だと考えました。

背骨が全体的に固く動きが悪い状態。

それが原因で筋肉が緊張してしまう。背骨の動きを良くすることで十分よくなると考えた。

 

頭痛ポイントに反応あり

施術

背骨のゆらゆら調整

頭の調整

総施術回数

24回

週2回で3カ月間

経過

2回目の来院時背中が楽だと言っていた。

 

1か月後

上を向くと気持ち悪いのがなくなった。

頭痛も週に1~2回程度まで減った。

腕の重さも出なくなった。

首肩腰の痛みも激減した。

 

2か月後

頭痛は天気が悪い時くらいにしか出なくなった。

考察

長引く症状は身体が悪循環に陥って治りづらい体になっている。

背骨の調整はそれを自然に治りやすい状態に改善していくことができる。

座り姿勢が悪いと背中が張りやすいので姿勢に気を付けて生活してほしいと思う。

 

※この症例はめまいの症例2と同じです。

 

症例2

患者

女性40代後半

症状

9年位前から頭痛、肩こり、腰痛

%e9%a0%ad%e7%97%9b%e7%97%87%e4%be%8b%ef%bc%92

既往歴

側弯症

日常の問題

頭痛が頻繁にあり、鎮痛剤が手放せない。(1日1~2回)服用し続けて口腔内が荒れる。

常にコリがあり朝眠りが浅くなる時間に何度も目を覚ます。

来院時の所見

肩や背中のコリがとても強い。側弯の影響かと思われる。

頭痛ポイントのコリが強い。

 

側彎自体は背骨の調整では治らないが、背骨の可動性が失われると周りの筋肉に負担を与え、コリになってしまう。その為背骨の可動性をつけることを目的に施術を開始した。

施術

背骨のゆらゆら調整

頭の調整

総施術回数

25回

経過

・8回目の施術前カウンセリング(約1か月後)

頭痛は週に1~2回程度までに減った。

睡眠は朝方何度も目を覚ましていたが、もう少し寝たい時間の少し前に起きるくらいになり回数が減った。

 

・16回目の施術前カウンセリング(約2か月)

頭痛はかなり減って薬を飲む回数もかなり減った。

睡眠も起きることは減った。

・25回目の施術前カウンセリング(約3か月)

頭痛が起きても薬を飲むほどではない。

考察

側彎が強く、コリが抜けづらい状態であるが頭痛の回数は激減した。

側彎がある以上コリが出やすいので体操などをし、日常生活でコリを緩和させる事は必須になるがちゃんとやれば頭痛が出にくい状態をキープし続けられると思われる。来院当初上を向くのが辛そうだったが、スムーズに上を向けるくらいまでに回復した。

症例1

患者

男性30代

症状

数年前より左側頭部に痛み(頭痛)、左の肩に強いコリ

%e9%a0%ad%e7%97%9b%e7%97%87%e4%be%8b%ef%bc%91

来院前

職場内の異動以来頭痛が出るようになった。

最初のうちは寝れば痛みが治まっていたが、時間経過とともに痛みを感じることが多くなっていった。

痛みは毎日出る。

日常の問題

仕事中痛みを常に自覚するので、気分は良くない。

痛みは出たり引いたりする。

ロキソニンを常に携帯して飲んでいる。

休日でも痛みは出る。

来院時の所見

腕を良く使う仕事でもあり、腕の筋肉の緊張が強い。

背骨も動きが悪い。

左の肩を触ると硬結がある。

側頭部を比べると、左の方がむくんでいる。

 

仕事での作業やストレスにより、筋肉が緊張してしまい姿勢が悪い状態になっていると説明。

施術

姿勢の歪みをとりながら、筋肉の緊張をとるのを目的に施術

背骨のゆらゆら調整

頭のソフト調整

後頭部の頭痛ポイントに針

総施術回数

17回

期間3カ月

経過

施術開始1カ月後のカウンセリングでは痛みのない日も増え、薬を飲まなくても大丈夫な日も増えてきた。

施術開始3カ月後のカウンセリングでは、ほぼ痛みはなく変な姿勢でスマホをみたりしなければ感じないとのことであった。

痛みの出そうな時も当院でお伝えした体操をすればすぐに消えるので、薬を飲むことはなくなった。

腕の緊張は仕事での負担も強く、回復まで期間がかかるが当院でお伝えした腕のストレッチをしてもらえれば解消されていくと判断し治療を終了した。

 

背骨の動きや左肩の硬さ、側頭部のむくみ感は解消した。

考察

左肩の筋肉は硬かったが、左肩自体は触ることは一切していない。

背骨と頭の調整して原因を取り除いただけで驚くほど左肩の緊張がなくなった。

症状の出ている場所が原因ではないことを証明できる症例である。

  • 049-227-6639
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2017年8月
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休業日
    • 午前のみ
    • 臨時休業
  • シゲ鍼灸治療院
  • ご来院地域
    【埼玉県】坂戸市,鶴ケ島市,川越市,東松山市,日高市,鳩山町,毛呂山町,川島町,吉見町,越生町,小川町,ときがわ町,嵐山町,滑川町,狭山市,飯能市
  • オフィシャルブログ
  • お気に入り