埼玉県坂戸市の鍼灸整体院|自律神経失調症・頭痛・めまい・更年期・不眠・首の痛み・頚肩腕症候群・胃の不調
シゲ鍼灸治療院トップ

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

五十肩で来院されている方も多くいらっしゃいます。

 

五十肩って?

五十肩という名前は俗称で正式には肩関節周囲炎と言います。

五十歳くらいの人で肩関節周囲炎が起きていれば、五十肩。

四十歳くらいの人で肩関節周囲炎が起きていれば、四十肩と言われます。

 

実際は歳はあまり関係なく、20代でもなるし70代でもなります。

肩関節周りで炎症が起きていることを指すので、肩が痛ければほとんど全て肩関節周囲炎と説明することができます。

肩の痛みを出しているのは筋肉の部分的な損傷によるものがほとんどだが、肩に石灰が溜まっている場合や筋肉自体が完全に切れてしまっている場合もあるので注意が必要です。

なぜ肩を痛めるの?

ここではなぜ肩の筋肉を損傷してしまうのかについて説明したいと思います。

肩の筋肉の損傷を簡単にいうと肩の筋肉が部分的に切れていると考えてください。

 

固い筋肉ほど柔軟性・伸張性がないので切れやすいです。

輪ゴムをイメージしてください。新しい輪ゴムは良く伸びますよね?ただ古く硬くなっている輪ゴムは簡単に切れてしまいます。これが肩で起きたと考えてください。輪ゴム=肩の筋肉です。

 

筋肉が部分的に切れてますから五十肩の初期は一種の怪我だと私は考えています。

これが腰で起きればギックリ腰だし太ももで起きれば肉離れです。

急性期と慢性期の対応策

炎症・痛みの強い急性期と拘縮が強い慢性期に分けて説明していきます。

急性期

急性期では痛みと炎症が強い状態です。寝るのもつらく、腕を吊り下げているだけでつらい方も多いです。この状態の時は無理して動かさず安静にしておくことが必要です。

 

手を下げている状態だと切れている筋肉の傷を腕の重さで広げている形になるので、下の写真の様な姿勢で傷を広げない様にする必要があります。この姿勢で三角巾で首から吊り下げておくと楽です。

寝る姿勢でも傷が開いてしまうので肩の下にタオルを入れてあげると楽な方が多いです。

 

当院では鍼で炎症が引くのを早めるような処置をします。

 

強く鋭い痛みが減り、鈍い痛みが増えてくると慢性期に移行していきます。

部分的に切れていた筋肉が修復されくっついたと考えます。

慢性期

慢性期では動かすのが辛く制限がかかっていて、それ以上動かそうとすると痛みが出てきます。

部分的に切れた筋肉が修復されてくっつくと固くなって治ります。

 

今度は部分的に固くなってしまっている形になるので、これを少しずつ伸びるようにしていかないといけません。

なので少しずつ動かしていく必要があります。

 

慢性期からのリハビリ運動開始の判断をするのが難しいので必ず専門の人に見てもらうようにしましょう。

 

当院では鍼で筋肉を緩めたり、ツボを使った動きの調整をして関節の可動域を増やしつつ、運動指導をして改善を目指していきます。

  • 049-227-6639
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2017年10月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    • 休業日
    • 午前のみ
    • 臨時休業
  • シゲ鍼灸治療院
  • ご来院地域
    【埼玉県】坂戸市,鶴ケ島市,川越市,東松山市,日高市,鳩山町,毛呂山町,川島町,吉見町,越生町,小川町,ときがわ町,嵐山町,滑川町,狭山市,飯能市
  • オフィシャルブログ
  • お気に入り